NFT

【反省回】CNPに乗り遅れたすべての方へ

こんにちは、ぼんじー(@bonjii01)です。

悩む人

・CNPに完全に乗り遅れた
・爆益に乗りたかった。。
・今買っても遅くない?

こんな悩みにお応えします。

CNPが最近SNSでものすごい盛り上がっています。しかしその盛り上がりに完全に乗り遅れた方、けっこう多いんじゃないでしょうか?

・NFTは気になってたけど、動き出せなかった。
・イケハヤさんのVoicy聴いてたけど、結局買ってない。
・TwitterアイコンがみんなCNPになってて盛り上がりに気づいた 。

そう、これすべてぼくです。

NFTには普段から触っていて、イケハヤさんのSNSやVoicyで情報収集はしていたのに。。

完全に乗り遅れましたw

今回の記事では、情報収集していたにも関わらずどうして乗れなかったのか、反省をこめて深掘りしていきます。

そしてCNPの購入は今からでも遅くないか、今後の対策についても書いていこうと思います。二度と同じ過ちを犯さないために。。

この記事でわかること

CNPに乗り遅れた理由と反省点
今から買っても遅くないか?
今後どうすればいいか?

CNPになぜ乗り遅れたか?

それではなぜCNPに乗り遅れたかの原因を探っていきたいと思います。

主な理由は以下の3つです。

  • こんなに価格が上がると思ってなかった
  • コミュニティの力をみくびっていた
  • こんな盛り上がると思わなかった

反省その1:こんなに価格が上がると思ってなかった

CNPの快進撃が止まりません。。 価格が上がり続けていて、正直1ヶ月経ってこれだけの盛り上がりを見せるNFTは見たことがありません。

はじめCNPは初心者が最初の1つに選んでもらえるようなNFTとしてリリースされました。

当時の価格で1点300円ほど。イーサリアムのガス代の方が高いくらいでした。
さらに22,222点はNFTのコレクションとしてはかなり多い方。いろんなNFT初心者の方に手にとってもらえるようにとの想いで作られました。

それ故に完全にスルーしていました。

投資的な視点からはどうしても見れませんでした!

しかしフタを開けてみたら、なんと300倍...!
異常な光景が広がっていました。

反省その2:コミュニティの力をみくびっていた

2つ目はコミュニティの強さをみくびっていたことです。

クリプトニンジャにはもともとNINJA DAOというすでに10,000人を超えるオープンなコミュニティがありました。
CNPはこのNINJA DAOから生まれたプロジェクトで、コミュニティの根強いバックアップがあります。 (6/20現在では33,000人以上)

NFTにはコミュニティに所属していることを証明するような要素があります。 簡単にいえば会員証のようなものです。 SNSのアイコンをCNPにすることで一体感が生まれ、盛り上がりにつながります。

日本でNFTを持っている人はまだ8000人と言われています。33,000人のコミュニティ参加者が初めてのNFTを買おうとするだけで、かなりの買い圧に繋がります。さらに初めてのNFTを売買して利益を得ようとする人は少ないので売り圧も防げます。

それに加えて、大量にCNPを保有するクジラと言われる人たちもコミュニティの結束からか、自分だけCNPで儲けてやろうと売り抜ける人がいなかったのが好材料でした。

コミュニティの力恐るべし・・

売りに出されているのはわずか1,334点

22,222点中、売りに出されているのはわずか5%前後です。みんなが売りに出さずにガチホしているのがわかります。

コミュニティの強さはCNPだけではなく、今後NFTを運営する上で必須の条件になってきたのではないでしょうか。

反省その3:こんな盛り上がると思わなかった

3つ目、この盛り上がりは予想できませんでした。1ヶ月経ってこの盛り上がりはやはり異常です。

この盛り上がりを作れた理由は2つあります。

  • 日本のマーケットに絞った
  • 1次流通を格安にして、2次流通を狙った

理由1:日本のマーケットに絞った

下手に海外向けのマーケティングをすると、投機目当ての投資家が多く入ってきて売り圧が大きくなります。 そこを徹底的に日本人向けに絞ったことで、参入のしやすさとガチホできる安心感が生まれたんじゃないかと。

あくまで日本の市場を広げるという戦略がはまったと言えます。

理由2:一次流通を格安にして、二次流通を狙った

一次流通を格安にすることで、初心者の方でも参入がしやすくなります。
でもメリットはそれだけじゃありません。

それは二次流通を狙ったこと。二次流通で活発に売買が行われれば、盛り上がりを生み出すこともできるし、最終的に運営にも利益が入ってきます。

上記2つをやり切ったのも、やはりイケハヤさんのマーケティングと日々のセールスの賜物ですね。TwitterでもVoicyでも毎日のようにCNPの布教活動をしていたからだと思われます。

CNPに乗り遅れた初心者の方へ

CNPに乗り遅れた方はこれからどうすればいいのでしょうか?

反省点をふまえて、対策を探っていきたいと思います。

今からでも遅くないか

CNPが欲しいんだけど、今から買うのでも遅くないかな?
かなり高くなっちゃったから手が出しづらいな。。。

こう思ってる人は多いんじゃないでしょうか?

正直にいうとCNPは初めての方が購入するには価格が上がり過ぎてしまいました。 さらにこの過熱感は必ず一旦落ち着きます。

上がり続けるプロジェクトはない!

盛り上がりの最高潮で購入してしまうと、思わぬ高値掴みになってしまうので気を付けましょう。 現在の価格で購入する十分な資金力が無いなら、気持ちを抑えて様子見でもいいと思います。 チャンスはまた巡ってきます。

ただ一度値下がりした後に価格がさらに伸びることは十分にあり得ます。CNPの可能性を信じるなら投資してみるのもありです。

投資についてはDYOR(Do Your Own Research)、NFA(Not Financial Advise)でお願いします。

次のプロジェクトを狙う

CNPに手を出す資金がない方には、こちらがおすすめです。

NINJA DAOではCNPの次なるプロジェクトが続々生まれています
リリースが決まっているおすすめは以下の2つです。

  • CNPJ(クリプトニンジャパートナージョブズ)
  • VLCNP(ベリーロングCNP)

CNPJ(クリプトニンジャパートナージョブズ)

うじゅうなさん(@ujuuna999)がデザイナーを務める、CNPのファンアートプロジェクト。

CNPのキャラクターがいろんな職業に扮しているのがなんともかわいい。

発行総数は11,111点、価格は0.001ETHなので日本円で100円ほどなので、初めてのNFTにもってこい。 リリース日も7/17に決まっています。

マーケティングアドバイザーにイケハヤさんも入っているので期待大!

VLCNP(ベリーロングCNP)

VLCNPはNFTコレクションのVeryLongAnimals(ベリロン)とCNPのコラボプロジェクト。

同じく11,111点の販売で、価格は0.001ETHなので早い者勝ちの争奪戦になるでしょう。

デザイナーはコメスケさん(@comes_k_NFT)とKuraminさん(@Kuramin_Nft)のおふたり。

コメスケさんはCNPのリードデザイン、KumarinさんはLAG(Love Addicted Girls)のメインデザインを担当されるなど、NFT分野ではすでに実績を出してる方達の期待のプロジェクトなのでかなり期待できます。

NFTを買う準備をする

新しいプロジェクトに興味を持ったら、しっかり準備をしておきましょう。

準備には少し時間のかかるものもあるので、いざという時のために早めに動くのがおすすめ。

NFT購入の準備はこちら。

  • 国内取引所でイーサリアムを買う
  • メタマスクをインストールする
  • イーサリアムをメタマスクに送金する
  • OpenSeaとメタマスクをつないでNFTを探す

①国内取引所でイーサリアムを買う

まずは国内の取引所で仮想通貨を買わないと始まりません。

「CNP」などのNFTを買うにはイーサリアムが必要です。

そのための口座開設を行ってない方は下記を参考にどうぞ。
開設に時間がかかるので、来たるべき時に備えてサクッと登録しておきましょう。

メタマスクをインストールする

次にメタマスクという仮想通貨用のウォレットを作成します。

取引所が銀行だとしたら、メタマスクはWeb上の自分専用お財布です。通常は引き出して使いますよね。

作り方は下記を参考にしてください。

イーサリアムをメタマスクに送金する

つづいて取引所で買ったイーサリアムをメタマスク に送金していきます。

メタマスクへの送金は資産を失う可能性があるので、慎重に行ってください。

下記で失敗しない送金の仕方を解説しているので、参考にしてください。

OpenSeaとメタマスクをつないでNFTを探す

CNPJとVLCNPはまだ販売開始していませんが、OpenSeaを見てみましょう。

>>OpenSeaのCNPページ

右上のおさいふマークをクリックし、「MetaMask」を選択

接続を許可していきます

①価格を低いものから表示させます。
②属性によってレアリティや価格が変わります。
③カーソルを合わせて「Buy now」と表示されるものはすぐ買えます。

これで購入する準備は整いました。

リリースの日をじっくり待ちましょう!

まとめ

今回はぼくも含めて、CNPを買えなかった反省と今後の対策でした。

十分な資金力がないなら、CNPはもう少し様子見していいと思います。

しかし新しいプロジェクトは次々に誕生しています。 乗り遅れないように準備だけはバッチリしておきましょう!

失敗しないCNPの購入の仕方は下記をどうぞ。

  • この記事を書いた人

ぼんじー

仮想通貨とweb3の初心者向けブログ|web3で働き方が変わる未来を信じている|一児の父・アラフォーサラリーマン|いつか田舎でのんびり暮らしたい副業ブロガー

-NFT