NFT メタバース

【初心者向け】OpenSea(オープンシー)の始め方・使い方をわかりやすく解説

悩む人

・OpenSeaってなに?・始め方が知りたい!・どうやってNFTを買うの?

こんな疑問にお答えします。

初めてNFTを購入するならOpenSeaがおすすめです

購入するだけならアカウント登録などは必要なく、メタマスクというお財布を接続するだけなのですぐできます。

本記事ではOpenSeaの始め方からNFTを買う方法を画像付きで説明します。

本記事でわかること

  • OpenSeaとは?
  • OpenSeaの始め方
  • OpenSeaの使い方:NFTの買い方
  • OpenSeaに関するQ&A

OpenSeaでNFTを買うためには国内取引所でイーサリアムを買う必要があります。

まだの方は下記を参考に口座開設してみてください。

1500円のビットコインがもらえるチャンス!

9月いっぱいまでコインチェックでは、1500円分のビットコインがもらえるキャンペーンをやっています。

口座開設をして、72時間以内に1円以上の入金をするだけ。

予算の関係でいつ終了するか分からないので早めに行動することをおすすめします。

>>コインチェックで口座開設する

OpenSea(オープンシー)とは?

OpenSeaの特徴は以下の3つです。

  • 世界最大級のNFTマーケットプレイス
  • 誰でも簡単に作成から販売までできる
  • いろんなブロックチェーンに対応している

一つずつ見ていきましょう!

世界最大級のNFTマーケットプレイス

OpenSeaは世界最大級のNFTマーケットプレイスです。

最新トレンドから、高価格のものまでいろんなNFTを扱っています。

日本人のクリエイターもたくさん活躍しているので、OpenSeaで購入することができます。

誰でも簡単に作成から販売までできる

OpenSeaでは誰でも簡単にNFTの作成から販売までを行うことができます。

NFTの販売には審査が必要なところもありますが、OpenSeaなら誰でも簡単にNFTクリエイターになることができます。

その分詐欺サイトにも要注意!

画像だけじゃなく、音楽、動画、NFTゲームのアイテムなども販売しています。

いろんなブロックチェーンに対応している

NFTはブロックチェーン上で扱われています。

ブロックチェーンはそれぞれ国のようなもので、使用する通貨も違います。

よく使われているのはイーサリアムチェーンですが、それ以外にもいろんなブロックチェーンに対応しています。

  • ETH(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン)
  • Klayth(クレイトン)
  • Solana(ソラナ)

ポリゴンは手数料が安く、ソラナは処理速度がめちゃくちゃ速いなどそれぞれ特徴があります。

OpenSea(オープンシー)の始め方

OpenSeaの始め方は以下の4つです。

  • 国内取引所でイーサリアムを購入する
  • メタマスクをインストールする
  • イーサリアムをメタマスクに送金する
  • OpenSeaにメタマスクを接続する

手順1:国内取引所でイーサリアムを購入する

まずは国内の取引所で仮想通貨を買わないと始まりません。

PoubelleなどのNFTを買うにはイーサリアムが必要です。

そのための口座開設を行ってない方は下記を参考にして行ってください。

9/30までに登録すると1500円分のビットコインがただでもらえるので、早めに登録しちゃいましょう。

>>【無料】コインチェックで口座開設する

>>コインチェックでイーサリアムを買う

手順2:メタマスクをインストールする

次にメタマスクという仮想通貨用のウォレットを作成します。

取引所が銀行だとしたら、メタマスクはWeb上の自分専用お財布です。通常は銀行から引き出して使いますよね。

作り方は画像付きで詳しく解説しているので、下記を参考にしてください。

>>メタマスクをインストールする

手順3:イーサリアムをメタマスクに送金する

つづいて取引所で買ったイーサリアムをメタマスクに送金していきます。

メタマスクへの送金は資産を失う可能性があるので、慎重に行ってください。

下記で失敗しない送金の仕方を解説しているので、参考にしてください。

>>イーサリアムをメタマスクに送る方法

手順4:OpenSeaにメタマスクを接続する

OpenSeaとメタマスクを接続してNFTを購入していきます。

>>OpenSeaにアクセス

右上のおさいふマークをクリックし、「MetaMask」を選択

接続を許可したらこれでOK!

購入するだけなら面倒なアカウント登録なしで使えます。

OpenSea(オープンシー)の使い方【NFTの買い方】

OpenSeaでNFTを買う方法は以下の通りです。

  • 買いたい作品を探す
  • リストされた価格で買う
  • オークションで買う

買い方1:買いたい作品を探す

OpenSeaにアクセスします。

「Explore」をクリック。タブからもジャンルが選べます。

「ワード検索」を「ジャンル検索」ができます。

「並び替え」は価格の安い順や、新しくリストされたものなど選べます。

買い方2:リストされた価格で買う

通常はリストされた価格で買うのが一般的です。

「Buy now」となっているものが購入できます。

価格を確認して「Buy now」をクリック。

「OpenSeaは審査はしておらず、ブロックチェーンは後戻りはできないこと」を理解していればチェックを入れる。

つまり責任取りませんよ!っていうこと

「Complete purchase」をクリック。

ガス代(手数料)を確認して、購入価格がよければ「確認」をクリック。

以上で購入完了です!

買い方3:オークションで買う

つづいてオークションで買う方法です。

「Recently listed」を選択して、最新のリストにします。オークション中は残り時間が表示されます。

「残り時間」と「現在の価格」を確認して、価格を上乗せできるなら賭けましょう。

OpenSea(オープンシー)に関するQ&A

OpenSeaはアプリもあるの?

アプリもリリースされてますが、閲覧専用で購入はできません。

購入はパソコン一択!

OpenSeaは日本語に対応してる?

公式は日本語には対応していません。

ただGoogleの拡張機能を入れると、サイト全体を翻訳してくれて便利です。

>>Google翻訳を入れる

OpenSeaて何が売ってるの?

OpenSeaではいろんなNFTが購入できます。

  1. NFTアート
  2. 音楽
  3. ゲームアイテム
  4. メタバースの土地
  5. ドメインネーム

ジャンルで検索できるのでみてみよう!

まとめ

今回はOpenSeaの始め方について解説しました。

NFTはいろんな可能性を持っているので、これからさらに盛り上がっていくでしょう。

乗り遅れないためにもOpenSeaの使い方をマスターしてください。

NFTを始めたい方は、初心者にも使いやすいコインチェックがおすすめです。

無料でコインチェックの口座開設する

  • この記事を書いた人

ぼんじー

仮想通貨とweb3の初心者向けブログ|web3で働き方が変わる未来を信じている|一児の父・アラフォーサラリーマン|いつか田舎でのんびり暮らしたい副業ブロガー

-NFT, メタバース