仮想通貨

【完全無料】コインチェックで口座開設する簡単3ステップ【超初心者向け】

悩む人

・仮想通貨を始めたいけど、何から始めていいか分からない
・コインチェックの口座開設って難しいの?
・初心者でも分かるように教えてほしい

こんな悩みにお応えしていきたいと思います。

仮想通貨投資を始めるなら、まずはコインチェックの口座開設をお勧めします。
ハードル高そうに見えますが、500円から投資ができるので初心者には最適です。

口座開設もネットのみで手続き自体は10分ほどで終わるので、思ったより簡単ですよ。

コインチェックって実際どうなの? 評判を知りたいって方はこちらからどうぞ。

コインチェックで口座開設する4つの手順

コインチェックで口座開設する手順はこちらの3つ。

  • メールアドレスとパスワードを決める
  • 本人確認をする
  • 段階認証を設定する

メールアドレスとパスワードを決める

まずはコインチェックの公式サイトにアクセスし、会員登録をクリックします。

コインチェックの公式サイトにアクセスする

メールアドレスとパスワードを入力して、「私はロボットではありません」ボタンにチェックを入れます。

少しするとメールが届くのでURLをクリックします。

ホームページに戻って「各種重要確認事項を確認する」をクリックします。

全ての項目にチェックを入れて、同意ボタンをクリック。

「本人確認書類を提出する」をクリックして電話認証へ。

電話番号を入力し、「SMSを送信する」をクリック。

  1. 電話番号を入力
  2. 「SMSを送信する」をクリック
  3. スマホに送られた認証コードを入力
  4. 「認証」をクリック

これでアカウント登録はは完了です。

本人確認をする

本人確認には「Web申し込み」と「アプリ申し込み」の2種類があります。
じつはアプリ版の方が確認方法が簡略化されていて、審査も早いんです。

アプリ版も入れておくと便利なので、審査はアプリで行うことをおすすめ!

アプリのQRコードを表示してダウンロードを行います。

本人確認に必要な書類は以下です。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)
  • ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

撮影のポイントは、公式サイトのYouTube動画がわかりやすいので参考にしましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=Btk2wGDMn7M

本人確認書類を提出したら、最短1日でコインチェックからメールが届きます。

「口座開設完了」メールが届いたら取り引きを開始できます。

2段階認証を設定する

取引を始める前に「2段階認証」は必ず設定しておきましょう。

第三者からのログインや乗っ取りがとても多い世界です。
自分の資産を守るためにすぐに設定することをおおすすめします。

①まずはスマホに「Google Authenticator」のアプリを入れておきます。

②コインチェックのサイトに戻って、歯車マークの2段階認証から設定するをクリックします。

③メールが送られてきたらURLをクリックします。

④認証アプリでQRコードを読み込んで、アプリに表示された数字を入力します。

数字が表示されるのは30秒なので、素早く入力してください!

以上で2段階認証の設定も完了です。

これでコインチェックへ入金すれば、取引ができるようになります!

まとめ

コインチェックの口座開設までの流れを確認しておきましょう。

  • メールアドレスとパスワードを決める
  • 本人確認をする
  • 段階認証を設定する

コツはパソコンとスマホをうまく使い分けること。

口座開設が終わったら、入金して仮想通貨を購入することができるようになりますよ。
気になるコインを購入してみましょう!

コインチェックに無料登録する

  • この記事を書いた人

ぼんじー

仮想通貨とweb3の初心者向けブログ|web3で働き方が変わる未来を信じている|一児の父・アラフォーサラリーマン|いつか田舎でのんびり暮らしたい副業ブロガー

-仮想通貨