ゲーム メタバース 仮想通貨

OpenBlox(オープンブロックス)とは?特徴や始め方を徹底解説

こんにちは、ぼんじー(@bonjii01)です。

悩む人

・OpenBloxって何ができるの?・RunBloxとは違うの?・$OBXの将来性は?

こんな悩みにお応えします。

元ZOZO社長、前澤さんの「MZ WEB3ファンド」の最初の投資先として注目を集めるOpenBlox

運動して稼ぐMove to EarnアプリのRunBloxもOpenBloxのゲームの一つで、いよいよリリース間近となり盛り上がりを見せています。

またガバナンストークンである$OBXが、取引所Bybitのローンチパッドに登場するのでさらに注目度は高まりそうです。

今回はそんなゲームプラットフォームであるOpenBloxの概要と今後の将来性について書きたいと思います。

本記事でわかること

  • OpenBloxはゲームプラットフォーム
  • 前澤さんはじめ数々のVCが出資
  • $OBXがBybitのローンチパッドに登場

OpenBlox (オープンブロックス) とは?

出典:公式HP

OpenBloxとは複数のブロックチェーンゲームのプラットフォームです。

運動して仮想通貨を稼ぐMove to Earnや、プレイして稼ぐPlay to Earnのゲームを開発しています。

Move to EarnはStepnで盛り上がってるやつね!

まだゲームはリリースされていませんが、RunBloxが2022年Q2にローンチ予定となっているので、まもなく遊べるようになります。

Bloxverseとは?

BloxverseとはRunBloxをはじめとする、4つのゲームのエコシステムのことです。
OpenBloxはBloxverseの構築を目指しています。

農場ゲームで育てた果物をカードゲームで使ったり、ゲームがお互いに影響しあっているのは面白い仕組みです。

Bloxとは?

Bloxと呼ばれるNFTキャラクター1つで、複数のゲームを遊ぶことができます。
マーケットプレイスで売買することもできますが、2体以上で繁殖させることもできます。

現在は第一世代のGenesis Bloxが販売されていて、7,998個ドロップされる予定です。
持っているとRunBloxの靴がエアドロップされたり、ゲーム内トークンが安く買えたり、今後いろんな特典がありそうです。

OpenBlox (オープンブロックス) の特徴

OpenBloxの特徴は以下です。

  • 4つのゲームがリリース予定
  • 3つのトークンの採用

4つのゲームがリリース予定

OpenBloxでは今後4つのゲームのリリースがあります。

  • RunBlox
  • RogueBlox
  • ActionBlox
  • LandBlox



Runblox

運動して仮想通貨$RUXを稼ぐMove to Earnゲーム。
2022年Q2にリリース予定なので遊べる日も間近です。

遊び方はStepnと同じですが、スマートウォッチでもプレイできるようになるのが特徴です。

RogueBlox

RPG要素がある、ターン制のカードゲームです。

ボスと戦いアイテムを獲得してマーケットプレイスで売買したり、デッキのレベルが上がったりRPG要素が楽しませてくれそうです。

ActionBlox

マルチプレイヤー・オンラインロールプレイングゲーム(MORPG)です。

ギルドと呼ばれるチームを作って友人たちと一緒に戦います。 ActionBloxで大切なのは通貨を稼ぐことではなく、一緒に戦ってミッションをマスターしていくことで築かれる友情です。

LandBlox

町や農地を耕したりする農業系のゲーム。

RogueBloxで獲得した種を植えて、果物を育てることができます。
果物はマーケットで売ったり、ActionBloxやRogueBloxで体力の回復などに使えます。

このように、4つのゲームがお互いに絡み合っているのがOpenBloxのエコシステムの最大の特徴です。

3つのトークン

OpenBloxでは3つのトークンが採用されています。

・$OBX
・$RUX
・$RGL

$OBXOpenBloxのガバナンストークンになります。 またBloxを繁殖させるためにも必要です。

$RUXRunBloxのゲーム内通貨で、運動して稼ぐことができます。 シューズNFTのレベルアップやMINT費用に使います。

$RGLRogueBloxのゲーム内通貨です。 ゲーム内のNFTの売買やBloxの繁殖にも必要になってきます。

OpenBlox (オープンブロックス) の将来性

OpenBloxの将来性については下記です。

  • $OBXのトケノミスク
  • 前澤さんはじめ様々なVCが出資

$OBXのトケノミスク

まだゲーム内トークンの$RUXの情報は出ていないので、$OBXのトケノミクスをみていきます。

発行枚数は100億枚です。

エコシステムが44%の配分になっているので、それなりに期待できそうです。

SeedとPrivateの初期投資家たちが20%を握っているので、ある程度の売り圧は覚悟しておいた方がいいかもしれません。

今後 $RUXトークンのトケノミクスも要チェック!

前澤さんはじめ様々なVCが出資

2022年6月7日、元ZOZO前澤社長のMZ WEB3ファンドが、最初の投資先にOpenBloxを選びました。

そのときのRunbloxの日本AMA(質問会)には1600人もの人が参加する盛り上がりでした。

さらに最近ではSTEPNと同規模の460万ドルの資金調達を行いました。

VCにもかなり期待されてるのが分かる

OpenBlox (オープンブロックス) の始め方

OpenBloxはまだゲームが始まっていません。

現在は$OBXのローンチイベントに、Bybitで参加することが可能です。

ローンチイベントに参加する方法は以下です。

  • コインチェックでビットコインを買う
  • Bybitの口座開設をする
  • Bybitに仮想通貨を入金する

コインチェックでビットコインを買う

まずは国内取引所でビットコインを購入します。

コインチェックの口座開設とビットコインの買い方が分からない方は以下を参考にしてください。

Bybitiの口座開設をする

つづいてBybitのローンチパッドに参加するために口座開設を行います。

1分で作れちゃうのでサックと済ませましょう。

Bybitに仮想通貨を入金する

最後にBybitにビットコインを入金します。

Bybitの公式ページにいきます。

右上の「資産」プルダウンメニューから「資産概要」をクリック。

「現物」の「入金」をクリック

①BTC(ビットコイン )であることを確認して
②「確認しました」をクリック

QRコードを読み込むかアドレスをコピーします

つづいてコインチェックの公式ページに行きます

「暗号資産の送金」をクリック

送金する通貨がBitcoinであることを確認して、「宛先を追加/編集」をクリック

「新規追加」をクリック

①「SMSを送信」をクリック
②電話番号に届いたコードを入力
③「追加」をクリック

Bybitが追加されているので選択します

①送金先サービス名に「その他」を選択
②「Bybit」を入力
③「本人への送金」を選択
④送金額を入力
⑤「次へ」をクリック

内容を確認して、間違いなかったら
①2段階認証を入力
②「申し込みを確定する」をクリック

以上で送金完了です!

まとめ

今回はOpenBloxの概要と将来性を解説してきました。

これからゲームがどんどんリリースされてくるので、乗り遅れないようにしっかり準備しておきましょう!

RunBloxの詳しい概要を知りたければこちらの記事も参考にしてください。

  • この記事を書いた人

ぼんじー

仮想通貨とweb3の初心者向けブログ|web3で働き方が変わる未来を信じている|一児の父・アラフォーサラリーマン|いつか田舎でのんびり暮らしたい副業ブロガー

-ゲーム, メタバース, 仮想通貨