仮想通貨

【徹底解説】仮想通貨のICO,IEO,IDO,IGOって何が違うの?

みなさんどーも、ぼんじーです。


悩む人

「ICO」と「IEO」の違いってなに?
「IGO」って最近よく聞くけどなに?

そんな疑問にお応えできると思います。

少し前に流行ったICOから、最近きているIGOまで解説していきます。

ざっくり言うと現代社会における株式上場である「IPO」の仮想通貨版と捉えてもらえればと思います。

ざっくり

  • ICOは信頼性が低く、詐欺などが多発して今ではオワコン
  • IEOは取引所のお墨付きがあるから、安心して購入できる
  • IDOはステーキングなどタスクが多く、ちょっとハードル高め
  • IGOはメタバースとの相性バッチリのブロックチェーンゲームの資金調達

今回の記事ではICOからIGOまでの流れと、内容がざっくりわかると思います。

ICOとは

「ICO」とは「Initial Coin Offering」 の略で、仮想通貨を新規発行して投資家から資金調達を行うことです。

投資家は格安でトークンを購入することができます。
そのためトークンセールとも呼ばれています。

資金調達といえば、株式を発行して上場する「IPO」が一般的です。
しかし「IPO」は、準備にたくさんの時間とお金がかかります。

一方、仮想通貨の「ICO」では、規制がなく厳しい審査もありません
プロジェクトの見せ方や、期待感を持たせるのがうまければ、誰でも簡単に資金調達ができてしまいます。

ICOの問題点

2017年に仮想通貨ブームが起きて、この「ICO」が乱発しました。
100倍以上の価値になる仮想通貨もバンバン現れてきます。

しかし規制も審査もないため、中身のない詐欺プロジェクトが大量に発生します。
資金を集めるだけ集めて、運営者が持ち逃げしてしまうラグプルなども横行しました。

ICOに参加すること自体がギャンブルみたいになっちゃったんだね

そんな中で盛り上がってきたのが、「IEO」です。

IEOとは

「IEO」とは「Initial Exchange Offering」の略で、取引所を通して仮想通貨を発行して資金調達を行うことです。

「ICO」と大きく違うところは、取引所が販売を行うので安心感があるということです。


取引所が厳選したプロジェクトが「IEO」までたどり着くため、ある意味お墨付きをもらえるということになります。
取引所のメンツにかけても優良銘柄を選ぶし、自然と詐欺プロジェクトは避けられます。

プロジェクト側にもメリットがあります。
販売や宣伝を取引所に任せられるため、開発に全力を注げることです。

取引所は多くのユーザーを得ることができます。

投資家、取引所、プロジェクト、の三方良しだね

IEOの例

海外取引所のBinanceでは、多くのIEOが行われています。
トップ画面のローンチパッドからIEO予定のプロジェクトを確認できます。


参加するための条件などもあるため、事前準備して逃さずチェックしましょう!

Binanceに今すぐ登録する

IDOとは

「IDO」とは「Initial DEX Offering」の略で、DEX(分散型取引所)を通して仮想通貨を発行して資金調達を行うことです。

DEXには管理者がいないため、IEOに比べると安心感は少なくなります。

通貨を購入するための条件は、いろいろなものがあります。

タスク

  • 単純に早押し
  • 特定通貨でのステーキング
  • ホワイトリストへの登録

単純に早押し

IDOの時間になったらパソコンの前にかじりつき待機です。
カウントダウンと同時に購入可能になったら、ひたすらボタンを連打します。
他のトランザクションより早く通るように、ポイントはガス代を積むことです。
ここはケチらず突っ込みましょう。

特定通貨でのステーキング

IDOするプラットフォームによる特定の通貨をステーキングすることで、参加できるようになります。
少額で出来るものや、かなりの資金が必要なものなど様々です。

こつこつ集めてステーキングしていきましょう。

ホワイトリストへの登録

Twitter、Telegram、Discord、仮想通貨三種の神器の登録などによって参加確率を高めます。

これがマストなIDOもあるのでしっかりチェックしましょう!

IGOとは

そして最近賑わっている「IGO」とは「Initial Game Offering」の略で、ブロックチェーンゲームの開発のための資金調達になります。

先行で出されるゲームのグラフィックを見るだけで、ワクワクする人も多いんじゃないでしょうか。
さらに自分の投資したゲームの人気が出れば、大きな利益も期待できます。


これから盛り上がるであろうメタバースやNFTとも相性は抜群です。

まとめ

今回はICOやIEOの違いについてまとめました。

まとめ

  • 最近の主流はIEOやIDO
  • IGOはこれからの最重要項目
  • 投資先が流行らなかったり、ラグプルには十分に気をつけよう

これから盛り上がりそうなプロジェクトやジャンルを選んで投資するのはすごく楽しいですよ。

一方、詐欺やラグプルが起こるのも現状です。
投資判断はよく自分で調べてからやりましょう!

日本の取引所でのIEOに参加するにはコインチェックでの参加が簡単です。

コインチェックに今すぐ登録する

  • この記事を書いた人

ぼんじー

仮想通貨とweb3の初心者向けブログ|web3で働き方が変わる未来を信じている|一児の父・アラフォーサラリーマン|いつか田舎でのんびり暮らしたい副業ブロガー

-仮想通貨