仮想通貨

【簡単】BSCからPolygonにAnySwapで送金する方法

みなさんどーも、ぼんじーです。

近頃DeFiやNFTが静かなブームを迎えていますね。

これらの技術は今後間違いなく発展してくるので、今から波乗りしとくべきです。

悩む人
  • DeFiやNFTが気になるけど、Polygonにブリッジてなに?
  • BSCには慣れたから、他のチェーンも触ってみたい
  • イーサリアムはガス代が高いからもっと安く送りたい

そんな悩みにお応えできると思います。

本記事はAnyswapを使って、BSCからPolygonに送金(ブリッジ)する手順をご説明します。

画像多めで解説するので、初心者の方でもすぐできるようになるので安心してください。

AnyswapでBSCからPolygonに送金する方法

今回はAnyswapを使った送金手順を解説します。

BSCやPolygonなど異なるチェーン間の送金をブリッジと言います。

特徴は以下の通り

ポイント

・イーサリアムネットに比べて手数料が断然安い

・送金できるのはUSDCのみ

・流動性が低いときは送金できない

①ウォレットを接続する

まずAnyswapにアクセスして、ウォレットに接続します。

チェーンがBSCmainnetになっていることを確認します。

②BSCからPolygonへ送金する

それぞれがBSCmainnet、MATICmainnetになっていることを確認して送金したいUSDCを入力します。

流動性を供給するプールに十分な数量が無いと送金できないので注意しましょう!

供給量はPoolから確認できます。

十分に供給されていればSwapが押せるようになります。

2021年10月現在手数料は0.1%か0.9USDCがかかってしまいます。

③メタマスクへの着金を確認する

メタマスクをPolygonネットワークに切り替えます。

poolのswitch to polygonでも可能です。

注意

流動性が不足しているときは一度Anyswapにプールされるので、そこからMetamaskに出金しましょう。

メタマスクの「トークンの追加」

MetaMaskにUSDCが表示されないときは、トークンの追加をする必要があります。

「トークンを追加」ボタンを押し、「トークンコントラクトのアドレス」の欄にコピペします。

polygon版のUSDCのコントラクトアドレス

0x2791Bca1f2de4661ED88A30C99A7a9449Aa84174

「次へ」を押してトークンを追加します。

まとめ

Anyswapを使ったBSCからPolygonへのブリッジを解説していきました。

以下に注意事項をまとめました。

ポイント

  • イーサリアムネットを使うより、手数料をかなり抑えられる
  • USDCしか送金できない
  • 流動性が足りないときは送金できない

PolygonネットワークはDeFiやNFTなど魅力がいっぱいです。

チャンスを広げられる早めに触ってみることをお勧めします。

  • この記事を書いた人

ぼんじー

仮想通貨とweb3の初心者向けブログ|web3で働き方が変わる未来を信じている|一児の父・アラフォーサラリーマン|いつか田舎でのんびり暮らしたい副業ブロガー

-仮想通貨